時代による葬式のスタイルの変化

葬式は故人を弔い、送り出す大切な儀式です
スタイルは宗教により異なりますが、日本に限らず、世界中で行われている大切な儀式です
昔は一般の家でお通夜から告別式まで行われていました
自宅に祭壇を作り、僧侶がお経を上げていました
また、弔問、参列の人はその自宅にきて焼香をしました
お客が多いため、近所の人がお茶出しなどのお手伝いをしていました
しかし、時代が変わり葬儀、葬式が専門の葬儀会館で行われるようになってきました
その理由のひとつが都市部を中心に住宅がマンションに変わり、マンションでは葬式ができない、近所のお手伝いがないなどの理由からです
マンションでは、棺桶に入った御遺体を出したり入れたりすることができませんし、近所付き合い、町内会などがマンションではないのが都市部の状況です
近年では葬儀会館が増えて、お通夜から告別式まで全てを取り仕切ってくれますので遺族としてはいろいろな手配をすることがなく昔よりはとても楽です

Copyright©葬式 All Rights Reserved.

葬式